ぽいぽいの「かきくけこ」

か(海外留学)、き(金融)、く(グルメ)、け(経済)、こ(ゴルフ)について発信していきます

3年春学期の履修について

DD留学が決まってから向こうの授業に参加するまでの履修です。ボッコーニ大学がかなりの科目を要求するので結構エグいです。

f:id:poipoi_econ:20200705112949p:plain

合計34単位です。でも必要ないのにあえて履修している科目もあるので分類して書いてこうと思います。注意してほしいのはCOVID-19の影響で全てオンライン授業になったことです。授業の難易度がかなり変わっている科目もあるので、注意してください。

3年春に慶應側の選択必修である基本科目(上の画像で赤く色付けしたのが該当)12単位を全て取るよう推奨しているようなので、優先的に組み込みました。基本科目は国際貿易論と国際金融論で4単位とらないといけないし、金融論a/bで4単位とるため、必然、自分の自由裁量で決められるのは残り1分野4単位しかないです。

※私は1年秋に日本経済概論をとっていたため、金融論bは取る必要はなく、基本科目の要件をさっさとクリアしたかったため財政論aを履修しました。

DD修了に必要な科目(9/4更新)

  • 経済政策のミクロ分析a → S

出席レポート→C

自己PR動画の作成・外部イベントの参加・ラスト授業の参加のうち一つこなす→B

上の中から二つこなす→A

先生の要求水準を満たす数理モデルもしくはVtuberで講義の再現動画作成→S

から選ぶという変な科目。(下の画像のような感じです。なんか久々にいい動画作ってちょっと自慢したいのでTwitterにも同じ画像貼ってます笑)三田で一番の楽単と呼ばれるが、今年はそうでもないかも?やはり楽単です。Vtuber動画1日もかかりませんでした。疑ってしまいすみません。

f:id:poipoi_econ:20200729215140p:plain

案の定、Sでした。

期末レポートと毎週の確認テストで評価。要件・効果を重視する2年生で習った法学部の民法と比べて、立法趣旨を重視する授業で新鮮だった。債権総論と債権各論が範囲であるため、ボッコーニDDで履修した法学部科目と被ると思う。ただ、3年春という履修科目数が多いタイミングに民法というヘビー級な科目を持ち越すのはあまり得策ではないかもしれない。

これもSでしたが、本来の期末試験のみの評価だった場合、Sは取れなかったと思う。

  • 公共政策a → S

授業支援上の選択式・計算式のテスト型レポートと記述型レポートで評価。履修していた財政論aと税制の話がもろ被ったため、あまり授業は聞かなかった。on-site試験より難易度が高いとアナウンスがあったが、それでも簡単だったため楽単だと思う。

問題が簡単だったのでレポートに力を入れればSは容易だと思います。例年の試験もそこまで難しくなさそう。

  • Money, Banking and Finance A(金融論a)→ S

期末レポート一発で評価。この授業は火曜1限開講で、全く同じ内容の日本語開講の授業が火曜2限にあるのだが、日本語の方もなぜか英語で出題されていた。しかも問題が一緒らしい。問題はそこそこに難しく、A4の紙8ページも書いた。先生の説明は非常に分かりやすく、私がファイナンス/金融に関心を持ち始めたきっかけだったりする。

問題は難しかったが1週間考える暇があったため、無事に好成績は取れました。ただ、この難易度でon-site試験をしたら多分良い成績は取れなかった。

  • 企業金融論a → S

3回の小テストで評価。最初は教授が講義をするが、途中からみずほ証券の実務家が授業を担当。授業は有意義だが、試験作成者と講義の講師が異なるせいか試験勉強しづらい。数学多用なので注意。金融に進みたいならいいんじゃない?(適当)

謎判定。B以下を覚悟してたのに。おそらく評価方法に救われた。

  • 国際貿易論a → A

レポートと期末試験で評価。楽単と呼ばれているがCが取りやすいほうの楽単。S取れた人は知り合いの知り合いでたった一人しか知らないため取りにくいと思う。貿易にまつわる様々なミクロモデルを習う授業。on-siteの試験だったらエグかったかもしれない。

試験で間違った箇所はそこまでないと思うのでおそらくレポートで問題があったか。レポートの出来が好成績を取る上で重要だと感じた。

  • 金融各論 → S

期末レポートと中間レポートで評価。商学部の授業ということもあってか、負担が少なかった。経済学部の企業金融論aと授業内容が被っているため、この授業もあまり聞かなかった。期末レポートは選択式問題20問くらいで、悩ませる問題もあったが難易度は容易な方だと思う。今年はSを大量に出したが、Dも大量に出てた。

当たり年だと思う。去年は1人しかSを出さなかったらしいので。ただ来期以降は難易度を変更する旨をほのめかしていたので、どうなるか。

  • 公共選択論a → S

期末レポートと中間レポートで評価。個人的にかなり面白いと思った授業。ブキャナン批判とかレントシーキングとか経済学の切り口で政治を考える授業。経済学部にいると政治について考えることが無かったけど、この授業は非常に良い機会であった。

個人的に興味があった講義で、最もレポートに力を入れたからこの評価は妥当かなと。

  • 国際金融論b → A

試験一発で評価。先生がクセのある方で、ライブ授業の後日オンデマンド配信なし、試験範囲は教授が話したことからという面倒な授業と思っていたが、試験のためいざ勉強してると興味深い内容だった。試験も予想したよりは難しくない。(一応、授業全部聞いていたので...)事後的ではあったものの、とってよかったと思えた授業。おすすめの一つ。辛抱して授業聞いてみて。

選択問題で2点減点されただけなので、おそらくSの数は相当絞ってる。例年の単位取得率はかなり低いらしいのでお気をつけて。

DD修了に不必要な科目

  • リーダシップ基礎 → S

出席と毎回の事後課題、たまに出る事前課題、期末レポートで評価。人脈を求めてこの授業を履修した節はあったが、on-siteではないため人脈拡大は限定的だったためうまみが半減。それでも、興味深い人に出会えたのはよい収穫だった。授業内容は賛否両論。オムニバス形式で講師が毎回変わるため、この講師すげーなって思う人がいる反面、また別の講師は大したこと言ってなくね?と思うことも。TAが明らかな誇大広告をしているのだけは注意。それでも基本的には出席+期末レポートで4単位認められるため、単位効率は良い。

4単位Sおいしい。

下の独占資本主義論aを取らなければならず、慶應の選択必修の卒業要件を満たすため履修。隔週の課題と1回の小テストと期末テストで評価。契約理論という不完備契約とかマーケットデザインや経営学っぽいことを学習。オフラインと比べおそらくエグくなった科目だが、個人的にかなり面白い授業だった。数学多用なので注意。意識高い人にはおすすめ。意識低めの人でも「ちゃんと出席してテストやればCあげるし、Dをバラまくつもりはない」と言ってたから選択肢として考えていいとは思う。

試験勉強にかなりの時間を割きました。DD必修でもないので、あえて取る必要はないですね。

  • 独占資本主義論a → A

ゼミ必修のため履修。期末レポートで評価。授業はあまり聞きませんでした...すみません。それでも、レポートは楽で指定教科書の基礎的な知識を問うようなものだった。やはり日吉でマルクス経済学を履修した方が学習能率が上がったと思うので自分の学習って首尾一貫性がないなあと痛感しました。Sは一人しか出していないらしい。ゼミ必修無視してとらなければよかった。

教授からおおよその評価方法を聞いていたため予想通り。先生が執筆なさってる最新版の教科書をちゃんと買いましょう。

  • 研究会a/b → ボッコーニDD生は4年秋にまとめて成績発表

出席や授業態度で評価。本当に正直なことを申し上げると、実は個人的に研究会にあまり満足していないです...せっかく志望したのに教授には申し訳ない。まあ気が向いたら研究会の選び方みたいなブログを書いたらゼミの内情について紹介するかもしれませんが...

※ 先生が定年退職のため、募集停止しています!!

  • 財政論a → S

2回の小テスト、期末テスト、期末レポートで評価。この授業もオンラインになってエグくなった。でも授業自体は満足しています。自分、高校がNYで日本の高校生より日本の財政問題、ニュースについて触れてきてなかったため、あまりここら辺の話が分からなかったんですけど、見識が深まりました!例年だと持ち込み可の試験一発と負担は少ない方なので履修して良いと思います。でも抽選あるので注意。

毎週の課題で評価。内4回は600wordsのエッセイを提出。これを履修した理由はあんまなくて、NY高でアメリカ史を勉強した経験があって、なんか復習したいなぁ〜って思ったため履修。授業は面白く、経済面からアメリカの歴史を考える授業。正直なことを言うと、他の科目の課題期限がある週になぜか大きな課題の提出があってイラッとしてしまったことはあったが、総合の満足度は高いです。興味があるなら是非。

まあちゃんと課題は全部出したんですけどね。出来がすこし悪かったかな?いい復習になったし、Bじゃないだけ良しとしよう。

毎週の課題と期末レポートで評価。この授業も履修した意味はあんまないです。めっちゃ楽単って聞いてたんでとりあえず抽選受けて、ダメだったらまあいいや的に履修申告したけど抽選受かっちゃって流れで履修。でも授業は簿記のようなテクニックを学ぶのではなく、なぜ会計学はこのように考えるのかみたいな会計の基本的なマインドを勉強できたのは有意義。楽単目的でも社会人にとって会計は大事だから履修してもいいんじゃないっすかね。ボッコーニDDの単位互換に認められるので、日吉で取り損ねたら是非。

 THE・楽単。雑に課題を終わらせたのにSとれたので、商学部会計学基礎を取らない代わりにこれとっても全然アリ。

一通り課題が終わったので一度更新しました。成績が出たらもう一回更新します!

更新しました!