ぽいぽいの「かきくけこ」

か(海外留学)、き(金融)、く(クリティシズム=批評)、け(経済)、こ(ゴルフ)について発信していきます

慶應義塾ニューヨーク学院について 授業編

f:id:poipoi_econ:20200812000459j:plain

こんにちは!今回は慶應義塾ニューヨーク学院の授業やカリキュラムについての話をします。

前回記事はこちら↓ 

econ-pp.hateblo.jp

授業

まずよく聞かれるのは「NY高って授業は英語なの?日本語なの?」という質問です。答えは両方です。国語や日本史など明らかに日本語で行った方が効率的な科目は日本語で、Englishは日本語ではなくすべて英語で行われます。(科目名の「英語」と言語名の「英語」がややこしい...Englishと書くときは科目を指すものとします。)数学、理科、社会、保健体育、音楽・美術はだいたい日本語と英語が半分といった具合で、担当の先生によって言語が変わります。ただ理科と社会は英語を使う先生が圧倒的に多く、必修科目はほぼ英語です。

学年は第9、10、11、12学年と分かれているので、学年別に見ていきましょう。

第9学年(中学3年生)

なんで高校なのに中学3年生がいるんだ!という疑問が出でくるでしょうが、受験編で説明しようと思います。

  • English
  • 代数と幾何
  • 会話 or 学習計画 or 日本語
  • 現代文
  • 生物
  • 世界地理
  • 家庭科
  • 体育
  • 美術
  • 音楽

まるで9年生を経験しているかのように書いていますが、私は10年生から入学したので実は詳しくは知りません。NY高のホームページというカンペを見ながら書いてるのでご了承ください。

第10学年(高校1年生)

この学年から在籍しているので詳しく書こうと思います。

初級、中級、上級と書いてある授業はクラス分けに応じた授業があります。確かEnglish、代数と三角関数、化学はplacement testという組み分けテストがあり、その結果によって振り分けられます。国語は無かったかも?国語はEnglishの組み分けテストとbackgroundを総合して判断されるはずです。もちろん上級は成績にボーナスがつき、初級は成績にハンデがつきます。私見ですが、上級で良い成績を取ることが上位学部への進学の鍵だったりします。

e.g. ① 日本での教育経験がなく、英語のプレースメントでネイティブ並みと評価

→English上級&日本語&現代文・古典初級

e.g. ② 日本で教育を済ませ、英語のプレースメントで英語能力が平均的と評価(僕はこのパターン)

→English中級&ランゲージアート&現代文・古典中級

明らか僕がいたときと比べ科目が変わってますね。家庭科や異文化理解なんてありませんでした。カリキュラム再編だからでしょうか。

  • English (初級、中級、上級)

英語の小説を読む授業。授業は全て英語。

  • ESL or ランゲージアート or 上級ランゲージアート or 日本語

いわいる英文法的なクラス。日本語が不十分な人は日本語クラスにアサインされる。

  • 現代文 (初級、中級)
  • 古典(初級、中級)

文科省の教科書を使う日本の高校と同じような授業。

いわいる数I。方程式〜三角関数を扱う。先生によって授業言語異なる。

  • 化学 (初級、中級、上級)

化学式とか熱伝導とかやった覚えがあるけど何も覚えてない。日本から持ってきた化学の参考書がまるで役立たずだった。授業は基本英語。

  • コンピュータ

タイピングを極める授業。授業は基本英語。

  • 世界史

2単位になってるから日本史がなくなったかも?ローマの時代から冷戦までの概説。授業は基本英語。

  • 異文化理解(自分がいたときはなかったから詳細不明)
  • 体育

サッカーとかバスケとかアメフトもどきのスポーツとかをやる。先生によって授業言語異なる。

  • 保健

栄養とか生活とか性とかの話をする。授業は日本語。

  • 家庭科(自分がいたときはなかったから詳細不明)

多分9年でとれば履修不要。

  • 美術 or 音楽

10年では数少ない選択科目。どちらもゆる〜く行われる。音楽は日本語、美術は英語。

 

第11学年(高校2年生)

一番エグいと言われている学年です。

  • English (初級、中級、上級)
  • 現代文 (初級、中級)
  • 古典 (初級、中級)
  • 基礎解析(初級、中級、上級)

基本的に10年生のクラスと同じだが、前年度の成績が高い(低い)とかplacement testの結果などでクラス変動する。基礎解析はいわいる数II。

  • 物理(初級、中級、上級)

たしかplacement testの結果で振り分けられるはず?覚えてない。バネとか音とかを勉強するがこれも覚えてない。

11年がエグいと呼ばれる元凶。隔週で小テストがある。アメリカの歴史と公民について学習。

  • 異文化理解

様々な国や地域の歴史や特色を勉強する科目。意外と好きだった科目。

  • 体育
  • 美術or音楽

10年と同様。

以下から4単位以上、上限5単位で選択
  • 演劇(4単位)
  • クリエイティブライティング(4単位)

どちらも英語の授業。クリエイティブライティングを履修したが失敗だった。英語でSS書くなど、創作をする。最も自分が苦手とする分野。

  • ランゲージアート(4単位)
  • 日本語(4単位)

これらは履修が許可される必要がある。

  • 上級問題解法演習(上級1単位)

AMCの過去問を解きまくる。AMCについてはこちら

Excelを使いながら統計を学習。経済学部行きたいなら履修するといいと思う。統計学を履修したが、熱心な先生が熱心に教えてくれる。

  • 生物(上級5単位, 元9年生は履修不可)

理系(医学部、薬学部、理工学部)を選択したいなら、履修必須。上級5単位ということで文系志望でも好成績狙って履修している生徒もいたが、過剰負担には注意。(すでにアメリカ史があるので...)

個人的にどちらかは取るべきかなと思った授業。とくに中国語。初級で成績ハンデがあるのがネックだが、経済学部へ進級できる成績は余裕であったため、大学入ってから語学を履修することを考えれば取るべきだったかも。

第12学年(高校3年生) 文系&理系共通科目

最終学年ということもあり、履修の幅が広いです。文系と理系に分かれます。

  • 英語 (中級、上級)
  • 現代文 (中級、上級)
  • 古典 (中級、上級)

初級が消失し、中・上級だけになる。ここまで来れば入学以前のbackgroundはほぼ関係なく、成績とりたい人が上級へ行き、そうではない人が中級へ行く感じ。

日本人としては当然知っておくべき戦争の歴史を学習。明治〜現代までの日本史。日本語で開講。

  • 体育
  • 家庭科

私の代は新設された科目なのでかなり形式的ではあるが裁縫や調理実習を行った。

文系

いわいる数III。文系でも数IIIやるんです。中級が無くなるため、ほんとに数学が苦手な人と得意な人で分かれてしまう。苦手な人が間違って上級入ったら大変なことに。

以下のうち1科目選択
  • 経済
  • 政治(上級)
  • 政治
  • 異文化理解研究
以下から6単位以上、上限9単位で選択

(本来ならA群とB群に分かれているのだがそこまでは覚えていないため割愛)

  • 演劇(4単位)
  • クリエイティブライティング(4単位)
  • 翻訳(4単位、僕がいたときはoral communicationだったがカリキュラム再編された)
  • ランゲージアート(4単位、僕がいたときは非開講)

もちろん全部英語。11年生と12年生と合同の科目あり。

大学で勉強する線形代数をそのまま勉強。経済学部、商学部志望なら推奨。言語は日本語。お菓子持ち込み可、テスト時間が無制限という異例の科目。おしっこ退席は不可なため、僕はいかにおしっこを我慢するかの戦いだった。

  • 上級生物(上級5単位)
  • 上級物理(上級5単位)

これら2科目を文系で履修する人はほぼいない。

11年で初級と履修していないと12年で中級は履修できないはず。第2外国語とりたかった泣。

理系

以下から1科目選択
  • 上級生物(上級5単位)
  • 上級物理(上級5単位)

上級科目のオンパレードです。僕は理系選択ではないので仔細はわかりませんが、医学部や理工学部へ行った友人たちはめっちゃ勉強してたし苦しそうでした。理系学部への道のりは簡単ではないことは注意しましょう。

 

めっちゃ文字書いた。あまりにも長くて読みにくかったら2つの記事に分割します。次回は受験事情についてかな。

それでは。ノシ